工法一覧

リーダー式ダウンザホールハンマ工法

主として大規模土留め工事やオールケーシング工法の先行削孔時に用いられます。掘削機本体にリーダーが取付けられ、リーダーに沿ってオーガーが昇降します。

1本のリーダーと2本のステーによる三点式杭打ち機のほか、クローラクレーン、ラフタークレーンのブームの先端からリーダーを懸垂するタイプもあります。オーガーにはエアースイベル、ダウンザホールハンマが取り付けられております。

特長
  • 杭芯セットが早いので歩掛が良い。
  • リーダーに沿って削孔ツールスが昇降するので削孔の鉛直精度が良い。
  • 大口径削孔可能。
  • 大深度削孔可能。
  • 施工数量が多い場合にメリットあり。
施工手順
  • 三点式杭打機タイプ

    大口径・大深度工事

  • ラフタークレーンタイプ

    段差のある現場

  • クローラクレーンタイプ

    作業半径が必要な現場