工法一覧

テーブルマシン式ダウンザホールハンマ工法

主として山岳桟橋・構台杭の施工時に用いられます。オーガーの代わりにテーブルマシンでダウンザホールハンマを回転させます。

バイブロハンマ等を用いて設置した架台上にテーブルマシンをセットして、クローラクレーン等でダウンザホールハンマを吊り込みます。テーブルマシンは吊荷重にカウントされないので、大きな作業半径を取ることができます。

特長
  • 作業半径が大きく取れる。
  • 傾斜地等でも削孔可能。(岩盤の場合は要ベンチカット)
  • 補助クレーンが不要。
施工手順
  • ロータリーテーブル

    狭小地施工

  • クローラクレーンタイプ

    桟橋、仮橋工

  • ラフタークレーンタイプ

    作業半径が必要な現場