工法一覧

先端支持力管理革命Rebec

アースドリル・オールケーシング工法における原位置先端標準貫入試験 / 特許 第6047257号 / US PAT. No.10,557,241

平成29年度 中小企業知的財産(中小企業等外国出願) 活動支援事業費補助金交付認定

  • アースドリル工法対応

  • オールケーシング工法対応

場所打ち杭の先端地盤の支持力を施工時に測定できます。

特長
  • 標準貫入試験の原理を応用し、N値に相当するNr値で地盤強度を評価。
  • 自動落下打撃システムを採用しているので、先端ロッドに伝達される貫入エネルギーは均一。
  • 短時間で試験結果がでます。
  • アースドリル工法、オールケーシング工法に対応可能です。
  • サンプラーロッドを用いて土質試料の採取が可能です。

アースドリル工法、オールケーシング工法で設計深度掘削後、掘削底面にて63.5kgの錘を76cmの高さから落下させ、先端ロッド(サンプラーロッド)を300mm貫入させるのに必要な打撃回数をカウントする装置を開発。

貫入ロッドと一体化したボックスの変位をエンコーダーで打撃毎に沈下量を計測することで支持層の強度を確認できます。

測定例
調査開始深度 GL-29.3m
設定打撃回数 50回
設定沈下量 300mm
打撃回数 50回
沈下量 64mm
換算Nr値 234