工法一覧

Ti-TAN工法

スクラップタイヤを利用した振動伝播阻止法 / NETIS 登録番号 KK-050061-A / 特許 第3894932号 / 特許 第4168065号

平成17年度 兵庫県「産学連携新産業創出支援事業」認定事業
平成20年 但馬産業大賞「キラリと世界へ輝く技術部門」
平成24年 豊岡市環境経済事業認定

地盤環境振動を効果的に低減し、地球温暖化対策にも貢献。

道路や鉄道、建設工事、工場機械などから発生する振動は周辺住民や精密機械などに深刻な影響を与えます。

近年では、表層軟弱地盤の振動増幅現象や入力振動との共振現象などにより、小さな振動でも苦情へと発展する事例も増え、従来の防振壁よりも効果的な振動対策工法が求められていました。

そんな中、当社が立命館大学との共同研究により開発したのが、スクラップタイヤを利用した振動伝播阻止法「Ti-TAN工法」です。この新工法は、スクラップタイヤ防振壁を地中に構築することで、さまざまな環境振動を低減。

また、年間約100万トン以上も発生しているスクラップタイヤを燃やすことなく再利用できるため、温室効果ガス(CO2)の排出削減にも効果的です。

特長
  • 優れた振動低減効果
  • 遠距離でも高い振動低減効果(30m地点)
  • スクラップタイヤの有効利用(マテリアルリサイクル)
  • 本設利用、仮設利用で対策可能
  • 軟弱地盤でも対応可能(アンカリング型)
  • 道路交通による振動
  • 電車等軌道走行による振動
振動低減効果
ボーリング柱状図

振動測定結果を図に示します。スクラップタイヤ防振壁を施工した地盤では未施工地盤と比較して5〜15dBの振動低減効果を示しました。また、振動源から約30m離れた地点でも優れた防振効果を示すことも確認されました。

スクラップタイヤ防振材の構造
  • 完成品
  • 防振材製作
施工例
国際文化公園都市モノレール環境対策工事